ニキビの原因と対策

2019年09月09日
肌がきれいなので満足をする女性

ニキビは思春期に多い皮膚のトラブルですが、大人になってからも出来る人は多く、それらは大人ニキビと呼ばれています。
ニキビが出来る仕組みは、毛穴に皮脂が溜まってつまり、そこで皮脂を好む細菌(アクネ菌)が大繁殖することで、皮膚に炎症を起こしたり肌の赤みが出来るというものです。
問題となる皮脂が毛穴につまる原因には色々な要因があり、思春期の場合は皮脂の分泌が過剰になることが主な原因となり、大人の場合はストレスやホルモンバランスの乱れにより肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、角質層が厚くなって毛穴をふさぐことが原因で皮脂がつまるケースが多くあります。
そんなニキビを改善する対策としては、思春期では過剰に分泌された皮脂のケア、大人では古くなって分厚くなった角質のケアが大切になります。
ベンザックACジェルは、アメリカでニキビ治療によく使われている過酸化ベンゾイルを有効成分として配合した塗り薬です。
ベンザックACジェルに含まれる過酸化ベンゾイルは、強力な殺菌作用とピーリング効果、乾燥促進作用を持つ成分です。
これを治療したい部分に塗ると、酸素を産生するため、空気が嫌いなアクネ菌を殺菌することが出来ます。
この作用により白ニキビや黒ニキビの治療に効果的だとされていますが、炎症を起こしたニキビには他の薬の方が良いと言われています。
ベンザックACジェルは強力なピーリング効果を持つため、肌には刺激の強い薬となりますので、敏感肌の人や皮膚のバリア機能が崩れている大人ニキビの人、炎症が起こっている人にはあまり向いていません。
しかし、日本の一部の皮膚科では、保健適用外の薬でありながらも過酸化ベンゾイル配合の薬剤を処方して治療効果を上げている所もあるので、症状に対して的確に使えばニキビへの高い改善効果が期待出来るでしょう。
ベンザックACジェルは医薬品個人輸入サイトで購入出来ます。